F30で出来ること

WSD-F30

初めてスマートウォッチを手にした人目線で、使って驚いた&嬉しかった「WSD-F30で出来ること」を5つご紹介します。

1.ウォッチフェイスが変えられる

真っ先にやりたかったのがこれ。
文字盤をカスタマイズできること。この2つは時計に標準で入っているデザインです。
色や表示項目も追加したり変更できます。気分やシーンに合わせて表示を変えれば、時計はこれ一本で済みます。

別途詳しく紹介しますが、自分の好きな画像を背景に入れることも出来ます。
文字盤のデザインもDLして増やすことも出来ます。もうこれだけで使い始めの3日が潰れます(笑)

2.LINEやメールの通知が見れる/返信が出来る

次に便利なのがこれ。
LINEやメール、SMSなどの通知を、時計側で確認・返信が出来ます。
その都度スマホを出さずとも中身を見たり、返信必要の有無が判断できるのでわずらわしさ解消。

通知時は概要部分だけ見れるので、タップすれば本文を見ることが出来ます。(写真左)
そのまま下へスワイプすると、返信や削除などのアクションが出来ます。
文字入力は音声入力のほか、手書き入力やキーボード入力ができます。もうスマホだな、これ。

この機能が日常で一番使えるかなと。

3.MAPで現在地が見れる

マップアプリを起動すれば地図が開きます。当然、現在地や方向も分かります。
街中でも使えますし、この機能を応用した登山アプリ(YAMAPなど)も存在します。

ポイントナビという簡易的なナビもありますが、目的地までの直線距離と方向しか分からないので実用性はやや低め。
それでも、道に迷うたびにスマホを取り出さずとも地図が見れるのはやはり楽ですね。

4.カレンダーの予定が見える/通知される

Googleカレンダーに入れている予定を時計上で確認できます。
時間の確認と同時に次の予定が見れるので、うっかり忘れることを防止できます。

予定時刻の前にも「あと〇分です」と通知が来るので、余裕をもって行動できます。
分単位で予定がある多忙な人でも安心。

5.現在の天気や気温が見える/雨予報が通知される

フェイス画面に登録しておけば、現在地の天気や気温が表示されます。室内から野外へ出るときなどの参考になります。
スマホの天気アプリの通知をそのままウォッチに表示させることも可能。
バイクに乗りながらでも手元で通知が分かるので、とても重宝しています。

まとめ

いかがでしょうか?
スマートウォッチでは当たり前のことも多いのですが、初めてスマートウォッチを使う人間にとっては驚きの連続。

「スマホで出来ることが、腕時計でも出来る」だけで、利便性はグンと良くなります。
まだまだF30ならではの機能もたくさんありますが、この5つが特に頻度の高い項目だと思います。

いやぁ、スマートウォッチってすごいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました